• 小泉製麻 BLOG
  • コーポレートサイト
  • HOME

HOME > 仕事と先輩

仕事と先輩

産業、暮らし、そして環境と地球の未来のため。
KOIZUMIが展開する多彩な事業内容と、そこで活躍する先輩の素顔をご紹介します。

営業部門

BIB事業部

名前の通り「BIB」を中心とした容器を販売している部署です。
BIBとはBag In Boxの略称で、プラスチック製の内装容器と外装の段ボールケースで出来た液体輸送のための容器です。
主に醤油・清酒・ソースなどの輸送に使用します。お客様のニーズに合った容器を提案すべく、日々活動しています。

先輩紹介はこちら

BIB事業部

IM事業部

粉体・粒状の物質を保管・運搬するPP(ポリプロピレン)クロスの袋を企画、製造、販売と120年以上の実績と信頼を誇るジュート製品から時代の要請に応えた高機能素材まで「ひも・布・袋」にこだわった製品を販売しています。
農業、水産業、林業、さらに物流資材に至るまで、幅広い分野で生活や環境に貢献できるよう活動しています。

IM事業部 先輩紹介はこちら

IM事業部

施設園芸事業部

主に農業用のハウスに使われる資材の販売を行っています。農業用の保温・遮光カーテンや防草シート、防虫ネットや授粉用の蜂などです。農業資材の販売店や農協を通じて生産者に商品を販売しています。営業だけでなく、商品の提案や改善依頼を聞くため、農業の産地に、日々足を運んでいます。

施設園芸事業部 先輩紹介はこちら

施設園芸事業部

国土環境事業部

主に、緑化資材・土木資材の製品調達から販売・品質管理までを一貫して手掛けています。
また、新たなニーズ・シーズの発掘やビジネスモデルの構築にも取り組んでいます。

国土環境事業部 先輩紹介はこちら

営業サポート部門

営業企画推進部

[生産調達室]
営業本部で販売する主要商品等について、国内外の調達先を選定し、価格、納期の交渉を行い、仕入を行います。
また、仕入品の品質維持・向上、コストダウンを常に頭において活動しています。

生産調達室 先輩紹介はこちら


[開発マーケティング室]
開発というと白衣を着て試験管を振って新しいモノを生み出すイメージですが、当社では、①マーケット調査→②製品のコンセプトを考える→③開発した商品の販売戦略立案→④実際に営業活動を行う、という流れです。製品の立案から営業まで一貫して行う部署です。

開発マーケティング 先輩紹介はこちら

営業企画推進部

CSセンター

お客様からの注文やお問い合わせを受け、受注入力および出荷手配を行います。
商品によっては、仕入先への発注や加工依頼を行う場合もあります。お客さまとの窓口として営業マンを助ける仕事です。

CSセンター

スタッフ部門

総務・人材開発室

人に関わるさまざまな業務を担当しています。
ひとりの社員の入社から退職まで、すべて総務の仕事が関わっています。
皆さんとかかわりの深い採用業務から、教育、給与、福利厚生をはじめ、秘書業務や広報業務、また環境活動や社会貢献活動に関する業務なども行っています。

経営企画室

全社の経営戦略を策定し、実績を管理・分析しています。
日々の業務としては、経理業務、お金の管理などを行っています。
また、年度末には、決算書の作成、株主総会の運営などを行っています。

情報システム室

社内システム全般の運用と保守を行っています。
ビジネス環境の変化に応じて各部門の要望を聞き、効率化の提案を行っています。
最近では携帯端末を活用した営業スタイルを提案しています。

関連事業室

グループ会社の事業運営を支援しています。
業界の動向に対して常にアンテナを張り、適切な情報提供と提案を行っています。

物流・生産拠点

加西物流センター

国内工場での生産品及び仕入品、海外輸入品を一括で保管し、全国各地のお客様へ出荷するまでを一元管理しています。
提携運送業社や倉庫業社と緊密に連携を取り、安全で高品質の保管・配送を実施しています。

加西物流センター

滋賀工場

主力製品のBIB液体容器を生産しており、日夜生産性、品質の向上そして省力化や省エネも進め、環境負荷低減にもこだわっています。
また、生産された製品は、物流拠点として当工場より国内外のお客様に出荷されています。

滋賀工場


岸和田工場

長年にわたる物作りのノウハウを活かし、インテリアから農業、物流に関連する広範囲の繊維製品基礎材料を生産しています。

岸和田工場



小泉製麻株式会社

Page Up
  • コーポレートサイト
  • 小泉製麻 BLOG