沿革

HOME > 沿革

  • 1890年~1945年
  • 1945年~1965年
  • 1965年~1995年
  • 1995年~2010年

1890年~1945年

1890年

明治23年
「有限責任会社 都賀浜麻布会社」の設立

英国のサミユルサミエル社と京都の小泉糸店の共同出資で有限責任会社 都賀浜麻布会社を設立し、兵庫県菟原郡都賀浜村にわが国最初のジュート工場建設。麻袋の生産を開始する。

M23の第1工場の上棟式
世界の動き 小泉製麻の歩み
1890年(明治23年)
12月16日
東京、横浜間で電話交換業務開始
6月
有限責任会社 都賀浜麻布会社を設立し、兵庫県菟原郡都賀浜村にわが国最初のジュート工場建設
1891年(明治24年) 工場の操業を開始。初年度の生産は麻袋で180トン
1893年(明治26年)
7月1日
会社法施行
11月
小泉合名会社に組織変更
1894年(明治27年)
8月1日
日清戦争
日清戦争の影響で産業界は膨張、麻糸の生産が拡大した。
1901年(明治34年)
1月
金融恐慌
5月27日
山陽鉄道全通
1904年(明治37年)
2月10日
日露戦争
5月1日
組織変更し、小泉合名会社支店都賀浜印度麻工場となる。
1905年(明治38年)
4月12日
阪神電鉄・出入橋~三宮開通
1914年(大正3年) 第1次世界大戦勃発
1915年(大正4年) ハリウッド誕生
4月1日
本店と分離され小泉合名会社が発足

PAGE TOP

1918年

大正7年
小泉製麻株式会社発足

アジア方面への輸出市場が拡大し、資金も蓄積され、8月27日に株式会社に組織変更し、資本金300万円をもって小泉製麻株式会社を設立した。工場の増設を行い生産を拡大した。

大正初期の工場内の撚糸機
世界の動き 小泉製麻の歩み
1918年(大正7年)
7月
米騒動がおこる。
第1次世界大戦終結
8月27日
組織変更し、小泉製麻株式会社発足
1923年(大正12年)
9月1日
関東大震災
1925年(大正14年) 創業以来の300馬力のスチームエンジンを三菱電機製の400馬力電動機に取替え
1927年(昭和2年) 金融恐慌勃発
1929年

昭和4年
第2工場竣工

4月
女子の深夜業が禁止される事になったため、敷地内に工場を増設した。地下1F地上4Fの延べ6000坪で、繊維工場としては異例の高層工場であった。この頃、原料は浜に建設された桟橋で行われていた。
  • 昭和3年に浜で荷卸のために浅橋が建設された
  • 桟橋ができたころの工場全体の航空写真
  • 桟橋ができ荷おろしする様子
世界の動き 小泉製麻の歩み
1929年(昭和4年) ニューヨーク株式市場大暴落 三鱗印の畳経糸を岡山中心に発売。リノリューム基布製造開始
1930年(昭和5年) 超特急つばめが東京~神戸間運転開始 小泉製麻東京倉庫建設
1931年(昭和6年)
9月18日
満州事変勃発
百貨店むけに高級玉糸を発売 
1934年(昭和9年)
9月21日
室戸台風
1936年(昭和11年) 2.26事件
11月
女子寄宿舎(地下1F、地上4F)竣工
1937年(昭和13年)
4月
国家総動員法公布
1月
日本黄麻工業組合(後の工業会)結成
1939年(昭和14年) 第2次世界大戦勃発
1940年(昭和15年) 黄麻、マニラ麻、統制規則発令
1942年(昭和17年) 関門トンネル完成 ビルマ(現ミャンマー)における黄麻原料栽培およびジャワ島麻袋の工場管理を受命
1945年(昭和20年) 終戦
6月5日
浜倉庫の大部分が戦災で消失
9月
女子寄宿舎、米軍に接収

1945年~1965年

世界の動き 小泉製麻の歩み
1945年(昭和20年)
9月21日
米軍によって女子寄宿舎が接収。原料の欠乏により生産に打撃を受ける
1948年

昭和23年
戦後からの復興

原材料の麻の入手について、GHQに懇請し、麻担当官モントゴメリー女史の尽力により、7年ぶりに原料ジュートがロクサン号により神戸港に入荷。

麻の原料輸入に尽力してもらったモントゴメリー女史を囲んで
世界の動き 小泉製麻の歩み
1948年(昭和23年) 110番設置
6月
ロクサン号が3613俵を積んで入荷。生産を増大させる。
11月
上場
1952年(昭和28年) 東京国際空港発足
7月
第3工場竣工
1954年(昭和29年) 自衛隊発足 米国で開発されたタフテッド・カーペットの基布の製造開始
1956年(昭和31年) 日ソ国交回復
7月
化合繊パイル糸の製造開始
1957年(昭和32年) 東京タワー起工
7月
タフテッド・カーペットの基布の増産のため第4工場竣工
1960年(昭和35年) 日米安保条約反対闘争 大阪及び神戸証券取引所上場廃止
1961年(昭和36年) 世界初の有人宇宙船 化成品への転換がはじまる

PAGE TOP

1963年

昭和38年
化成品(PE・PP)へのアプローチ

化成品の商品展開にあたりブランド名を「バロン」とし、新用途の開発、製品の開発などの基礎固めをする。

世界の動き 小泉製麻の歩み
1963年(昭和38年) 国道43号線・東明~岩屋開通
新千円札発行
手芸糸(モデルファイン)発売
8月
PEフラット・ヤーンを使用して搦み織布でたまねぎ袋の開発
1964年

昭和39年
滋賀県での生産はじまる

生産力の増大と、国道43号線の建設計画で女子寄宿舎の3分の1が除却されたので昭和36年に滋賀県愛知郡湖東町に敷地を確保し工場を建設した、竣工時の生産設備は精紡機32台、織機166台であった。

昭和39年ごろの滋賀工場の全景

当サイトのトップページをご覧いただくにはAdobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)のAdobe® Flash® Playerをインストールください。
Get Adobe Flash player

世界の動き 小泉製麻の歩み
1964年(昭和39年) 東海道新幹線開通 滋賀県での生産はじまる

1965年~1995年

世界の動き 小泉製麻の歩み
1965年(昭和40年) 名神高速道路全線開通
9月
押出延伸機を設置し、フラットヤーンの試作を開始する
1967年(昭和42年)
6月
福岡事務所開設
1970年(昭和45年) 日本万国博覧会開幕
1月
SULZER社の革新広巾織機12台を設置し、ニードルパンチ、タフテッドカーペットの増産体制を整える
1972年

昭和47年
機械からサービス業へ

新しい事業を興し、企業発展の一翼にしたいという思いからグランド六甲ボウリングセンターが開設。米国からのレーン材が組み合わされ、世界に通用するボウリング場として100レーンの全国でも有数の規模。

グランド六甲ボウリングセンター
世界の動き 小泉製麻の歩み
1972年(昭和47年) 山陽新幹線開通 
沖縄返還 
日中国交正常化
7月
ボウリングセンター開設
1973年(昭和48年) 第1次オイルショック
1976年(昭和54年) ロッキード事件
7月
大阪事務所開設

PAGE TOP

1982年

昭和57年
人的、物的資産を時代に合わせて生かす。

3月
黄麻紡績を滋賀工場に集約。第1工場を利用してインテリアマート「六甲パインモール」開設

インテリアマート「六甲パインモール」になる以前の工場の様子

世界の動き 小泉製麻の歩み
1982年(昭和57年) 東北上越新幹線開通
8月
ブロー成型事業を開始。神戸工場内にブロー成型機を設置し、拡販を目指す。
1987年(昭和62年) 国鉄民営化
5月
ブロー成型機を滋賀工場に移して増産につとめた。
1988年(昭和63年) 青函トンネル開業
7月
ブロー成型3号機を増設した
1990年(平成2年) 東西ドイツが統一
6月
創業100周年を迎える
在神戸バングラディシュ名誉領事館開設
1991年

平成3年
本社地区の開発 さらにビッグに新しく!

4月20日
本社地区の建物の現状のよさを保存しつつ活用する再開発事業として高感度なライフスタイルを提案する六甲ヴァントワ(ROKKO 23)オープン。
レンガの工場あとをショッピングモールに
世界の動き 小泉製麻の歩み
1991年(平成3年) 湾岸戦争勃発
9月
滋賀工場 黄麻紡績の終息
1993年(平成5年) サッカーJリーグ開幕
3月
加西に物流センター開設し、物流拠点となす
「ROKKO23」神戸市建築百選受賞
1994年(平成6年) 関西国際空港開港
3月
滋賀工場 新工場に移転、滋賀工場に改称

1995年~2010年

1995年

平成7年
1月17日 阪神・淡路大震災により被災

5時46分に発生した阪神・淡路大震災により、六甲ヴァントワ地区建物、グランド六甲ビル、ブリコビルなど24棟倒壊。3月には六甲ヴァントワのショップが仮店舗にてオープン。

震災でレンガ崩壊の様子

世界の動き 小泉製麻の歩み
1995年(平成7年) 阪神・淡路大震災
8月
滋賀工場での黄麻品加工を終息、外注化
1996年(平成8年) 小選挙区で初の総選挙
1月
商業施設「小泉プラザ」を開設
3月
モーターバイク「ハーレーダビッドソン」兵庫県代理店開業
1997年(平成9年) 香港が中国に返還 震災で倒壊したグランド六甲ビルの再興 神戸六甲ボウル営業開始
1998年(平成10年) サッカーW杯日本初出場 神戸六甲ボウルで ボウリングのワールドカップを開催
2000年(平成12年) 九州沖縄サミット開催
8月
滋賀工場 ISO9002取得

PAGE TOP

2000年

平成12年
12月 本社地区総合開発事業「サザンモール六甲B612」オープン

本社地区総合開発第1期工事として「サザンモール六甲B612」がオープンした。昔からハイカラでお洒落な人々が暮らすこの神戸の街にふさわしく、コンパクトながらもクォリティ高い品々を扱う優れたショップで構成される。メインストリートの2階中央には多くの緑を湛えたオープンなウッドデッキが敷き詰められ、ゆったりとファミリーはもちろんオトナがくつろぎながらショッピングができる一際個性を放つ施設として再生された。同時に3階事務所棟に本社事務所を移転した。

  • サザンモール六甲東
  • サザンモール六甲の2Fデッキ上の夕方の風景
世界の動き 小泉製麻の歩み
2003年(平成15年) 米軍イラクに侵攻
8月
滋賀工場がISO9001/2000年版認証取得
2004年(平成16年) スマトラ島沖地震
11月
大阪営業本部 本社に移転統合
2005年(平成17年) 愛知万博開幕
7月
サザンモール六甲B612の隣地に「サザンモールセカンドストリート」がオープン
2006年

平成18年
神戸六甲ボウルにて国民体育大会(のじぎく国体)のボウリング競技開催

10月1日~4日神戸六甲ボウルにて第61回国民体育大会(のじぎく国体)のボウリング競技を開催した。

はばたんとともに記念撮影
世界の動き 小泉製麻の歩み
2006年(平成18年) 神戸空港開港
2月
「男女共同参画社会づくり協定」を締結
2007年(平成19年) グランド六甲ビル2階リニューアル
2008年(平成20年) 洞爺湖サミット開催 滋賀工場でISO14001認証取得
本社「EA21」認証取得
2009年(平成21年) 新型インフルエンザの流行 兵庫県ひょうごユニバーサル社会づくり賞受賞
2010年(平成22年) 天敵農薬「チリカ・ワーカー」発売
6月1日
創業120周年をむかえる